18:41 

Фобс
В очередной раз прошу у вас удачи, завтра мне оперируют обе ноги, это займет 3+ часа, никогда раньше подобных штук не делал.
Пожелайте чтоб все было норм, не больно, без осложнений или чтобы меня внезапно не сняли с операции по какой-то причине >_<

Вопрос: Все будет хорошо
1. Да 
246  (100%)
Всего: 246
12:39 

lock Доступ к записи ограничен

Madwit
Morituri Nolumus Mori.
Закрытая запись, не предназначенная для публичного просмотра

08:54 

О добре и чуде

Diary best
Искатель @сокровищ
Пишет (in)side:


Об этом много пишут и говорят, но очень редко говорят о том, когда животные спасают людей.
И я рассказываю о таких историях очень редко,боюсь спугнуть, боюсь загадить чужое чудо растранжирив его.

Где-то в начале этого года мой друг и заводчик, которой не стало несколько месяцев назад, позвонила и рассказала, что ей вернули годовалого щенка.
Собака приехала забитая, ложилась и ссалась под себя даже от поднятой руки, худоба была настолько чудовищной, что ребра проступали сквозь висящую лохмотьями шерсть.
Мой друг тогда уже болела и я взял обязанности по переустройству на себя.
Было очень много звонков по маленькой породистой собачке, особенно не стерильной, раз за разом я отказывал.
Пока однажды вечером не позвонила женщина с очень тихим голосом и робко попросила спасти её дочь.
Я хотел рассмеяться и сказать что-то саркастичное, но тон, которым она говорила забил мой смех куда-то в глотку.

В прошлом году её дочь, совсем юная девушка, попала в страшное ДТП, врачи долго не давали надежды, что она выживет.
Девочка выжила, но осталась инвалидом с параличом нижних конечностей.
Вы представляете, что такое для 21 летней девчонки потерять возможность ходить?
Она замкнулась, отказывалась выходить на улицу.

Её мама говорила, что забота о маленьком существе вернёт её дочь, что ей очень нужен смысл в жизни.
Очень много денег ушло на реабилитацию, что они не могут позволить купить и хотели бы согреть такую же несчастную душу.
Я не доверчивый человек, но то, как она говорила, я поверил каждому её слову.
Не пугала забитость , проблемы с туалетом и моя просьба о стерилизации.

Мы встретились на следующий день.
Передо мной стояла скромная, интеллигентная женщина чуть за 40 с очень добрыми глазами.
Такие люди собак не выбрасывают, не возвращают.
Малышка уехала в новый дом.

Первая весточка прилетела уже через несколько дней.
Её мама плакала и рассказывала, что у них всё хорошо, что сработало, что маленькая забитая собачка и девочка, которая не хотела жить очень нужны друг другу и благодарила.
Потом полетели стайки фотографий в вайбер, где они играли, читали вместе на полу и всегда малышка прижималась к хозяйке.

Сегодня я встретил девушку на инвалидной коляске , на коленях у которой вольготно и расслабленно спала маленькая беленькая собачка, а позади стоял папа.
Они приходили в центр занятости, девушка ищет работу.
РАБОТУ!
Вы представляете?! Работу.

Для кого-то собака игрушка, рабочий инструмент, а для кого-то толчок учиться заново жить.

URL записи

Свое | Не Бест? Пришли лучше!


Вопрос: Бест?
1. Да! 
490  (100%)
Всего: 490

@темы: Свое

22:12 

Легенда о Коловрате - 2

Фобс
Прежде всего, я должен сказать, что ходил в кино на Клврт пять раз (и не факт, что еще не пойду), не считая разов, когда просто покупал билеты для поддержки производителя х) Мне реально понравился фильм и я очень рад, что наш брат учится делать экранные комиксы)
Но, как я уже говорил, я смотрю кино о монголах примерно так же, как упоротый фанат Марвел смотрит Человеков-Пауков и Капитанов-Америк.
Это мое личное фандомное событие.
Поэтому теперь я написал уже другой пост.
Я написал УПОРОТЫЙ ФАНДОМНЫЙ ПОСТ с тем описанием происходящего в фильме (практически пересказом фильма), как его видит мой безумный извращенный мозг или как мы коллективно накурили вместе с Лилле.



Под катом гора текста, альтернативного сюжета, гора капсов, гора гифок и гора картинок!

ЧИТАТЬ ДАЛЬШЕ НЕЕБИЧЕСКИ ОГРОМНЫЙ ПОСТ

@темы: кружок очумелые ручки, Страх и ненависть в Монголии

13:00 

ShiroGin
Белый, пушистый и катанистый...И слишком... хм... хороший, простигосподи))) (с) Мы прорвемся, мой король! (с) Король я или хрен собачий?! (с)
Вот что люблю, так это комментарии под мангой на ридманге)) Иногда они бывают даже интереснее самой манги, столько нового узнаешь)))

Читаю "Спецотдел по расследованию сверхъестественных дел" Один герой говорит другому: "И ты, Брут"

В комментах начинают интересоваться, кто ж этот Брут и с чем его едят. Версии выдвигают следующие:

1. Брут это видимо от слова "брутальный"
2. Хома Брут
3. Это что-то из Цезаря
4. Доверенное лицо Цезаря, которое участвовало в заговоре против Цезаря, поэтому Брут это предатель
5. Ну и самая близкая к действительности версия:
Брут сын Цезаря, который убил своего отца.

В общем, повеселился я знатно)))

@темы: Манга, Веселое

11:41 

lock Доступ к записи ограничен

Taho
just for lulz...
Закрытая запись, не предназначенная для публичного просмотра

11:22 

朝視~2017年12月17日 朝11時ごろ

Асако
ナータン、何をした?
ガブリエルになってみればどう?ガブリエルはいかに痛いのか、想像してみれば?
あなたの行動のせいで、もう限りなく痛いだろう。そばから見ている私がそう言うなら、ガブリエルの気持ちは死ぬほど痛いよ。でも決して死なない!あなたのそばを離れられないの。そのキスは鎖より強い。そして、あなたがつけられてきた鎖のように、むしろ増して、痛い。
ナータン、あなたは彼に嬉しさや希望を勝手にあげるそばから残酷に取ってしまった。
ナータン、どうかガブリエルを考えて!!!理解してみて!心にガブリエルの全てを受け入れて!
まだ時間がある限り・・・どうか、ガブリエルへの感情をありのまま残さないで、増やして、成長させ、彼の愛に愛を探して!


@темы: дневник, Tomomi's story

22:58 

Доступ к записи ограничен

Diary Spirit
Администратор
Закрытая запись, не предназначенная для публичного просмотра

22:17 

ShiroGin
Белый, пушистый и катанистый...И слишком... хм... хороший, простигосподи))) (с) Мы прорвемся, мой король! (с) Король я или хрен собачий?! (с)
Я посмотрел 23 серию Империи Альтаир. Пишу сразу после, пока еще нетрезв и откровенен. Это просто большой и толстый песец, ибо я лишился сразу двоих персов, которые мне были однозначно не по фиг. Про генерала Пино я знал, мне было жаль утерянного потенциала, я об этом писал. Но Карбахал... За что?.. Это первая серия канона, где я сделал откровенную попытку зареветь в голос.
А во всем остальном серия прекрасна конечно))


@темы: Картинки, Аниме, Альтаир

20:12 

朝視~2017年12月16日 午後6時半

Асако
旅から戻ったばかり朝視は息を整えようとしている。ほおは湿って、目に涙が溜まっている。少し休憩を取って、また旅だそう。

確かにナータンがガブリエルが死んでいるか恐れて淡い希望を大事に胸に抱いて、洞窟で待ち続けた様子を見守るのはたまらなく寂しくて、悲しかった。そのとき初めてこの世界を旅し始めてから、未来を除いた。ガブリエルの名だけを探しながら。私は彼が生きていると知っていれば、ナータンも何か私から感じ取れるのでしょうか。そして、それ以上ガブリエルがどうなったのかわからないままもういられなかった。傍観者といえる私はこんなに悲しむのなら、ナータンの気持ちはどれほど増して重いのだろうか。

幸いに、ガブリエルの名がかなり早く見つかった。ほっとして、泣き出すところだった。そうして、旅をつづけた。「ナータン、信じてよ」と、無言で励まそうとしていた。ネスビットはいいときに現れて、本当によかった。ガブリエルへと続く糸。淡い希望に力を入れる流れ。よかった・・・ナータンもガブリエルも助かった。再会できなければ、心の一部が滅んだに違いない。そうしたらガブリエルがどうなったかわからない・・・また一緒にいられて、奇跡的で、うれしい極まりないこと。

ガブリエルの愛、そして優しさはナータンを包んでくれる。彼の無条件な信頼は力になる。インターネットでガブリエルとナータンの絵を探しながら、作家さんの言葉が見つかった。ガブリエルはナータンの気性の合う人、アナライズと違って。きっといつかナータンもそれが悟る。今からして、ガブリエルへの感情はますます増えていく。ガブリエルに誰にも話さないことを打ち明ける。ガブリエルに抱かれて、泣いている。ガブリエルに、痛いとき、気が狂うかという限りなく恐ろしいときに、慰められ、落ち着く。そしてキスされると、気持ち悪く感じない、悪く思わない。受け入れられて、愛されてて、今は別の類の愛にしても、愛で応えている。ガブリエルの気持ちに完全に応えれるときが来ることを祈る。

ナータンはシエーラに出会った。今回同じ側の仲間として。仲間?笑えれる!これほど辛くなければ・・・涙をこらえながらそう言った。
“I was just a kid. She chained me up in a cage, beat me…” And I think of all the times she hit me and used her Gift against me. “I tried to kill myself because of her, Gabriel. I was just a kid.”

シエーラを嫌っているのではない。たぶん彼女は完全に無神経に彼を接してきたのではないから。最初はマールクスに恨みを抱いてて、彼の息子を八つ当たりにしていたが、ナータンを深く知るにつれて、別の無罪の存在として見てはじめたと思う。ナータンがハンターに連れて行かれるとき、彼のことを明らかに気にしてて、守ろうとしていたの。残念なことに、彼女が子供のナータンに働いた残酷さを取り消しができない。

ナータンもたぶんどこかでそれを理解している。だから嫌いではない。激しく怒っている。許せない。忘れられない。なかったようにすることができない。
ある夜ガブリエルはナータンのおかげで元の姿を取り戻したときの晩ご飯のあいだ、ネスビットは、冗談して、もしナータンが姿を変えて、危険な真似をしたら、打ってあげると言った。銃弾はこするようにだけして、動けないようにしてあげる。どうせ後で怪我を治せるだろうと。大丈夫だろう、と・・・

I’m trying to keep light and happy for Gabriel. I need to ignore Nesbitt but when I reach for more bread I see my hand and all the scars on it and the black tattoo and I want to scream at Nesbitt that it hurt, that every scar I have hurt, and my body is covered in scars that have healed quickly but they all hurt, and I can’t say about any of them, “No harm done”.

そして今、たったさっきナータンはハンターを殺した。姿が変わってコントロールできない常態でではなく、意図なくのではなく、攻撃をはかって、意識しながら人を殺した。

支えてあげたいけど、私にできないことだろう。ガブリエルがどうかしてくれる、支えてしてあげるよね。慰める、自分が嫌いにならないように説得してあげる。愛しつづける。

ガブリエル、なんであなたのような優しい人は黒い魔法使いと呼ばないといけない。そんな区切りをつけることは意味まったくない。ほかの魔法使いはどうか断言できないが、ガブリエルがそれを証明する。そしてイギリスの魔法使いの政府は「白い」と誇り強く名乗っているが、その言葉の意味にさえ逆らっている。

So much for white witches.


@темы: дневник, Tomomi's story

17:15 

ShiroGin
Белый, пушистый и катанистый...И слишком... хм... хороший, простигосподи))) (с) Мы прорвемся, мой король! (с) Король я или хрен собачий?! (с)
И ведь как точно-то, особенно насчет роста)))


А ваш знак в гороскопе Гереро?

@темы: Тесты

13:30 

朝視~2017年12月16日 昼(12時ごろ)

Асако
やっと週末。精神的にも、体でも疲れ果てているみたい。考えるのも遅い。ナータンの世界へ強く引かれているのを感じているけど、ずっとそこにいるわけにはいかない。

朝視はソファに心地よく座り込んでいて、今週のことを頭の中で次々と流せ、整理しようとしている。
水曜日、日本語の授業の前。マネージャのナターリヤさんに廊下でぶつかって、「今日英語の初級2グループの学生が来て、クラスがすばらしいと褒めてたんだよ」と言った。朝視は唖然と佇んでしまった。夜遅く行うその授業はどうしようもなく質が低いと思っていたのである。よくへとへと状態で、書き間違いを時にして、教師にふさわしくない無様な顔を見せてしまうのではないのか?それでも、よかったって「ありがとうございます。本当にうれしい極まりです」と答える。「こちらこそありがとうよ」と微笑んでくれるナターリヤさん。

木曜日の夜、初級2の時間が始まろうとしている。朝視は学生とウォーミングアップしている。意外とまだ開いているドアを抜け、この前のグループの初級1の学生ジャンナーは入る。朝視は少し驚いて、笑顔でジャンナーを見る。「はい、ジャンナー?」中年の学生はコーヒーのカップを渡す「どうぞ、コーヒーを。私たちみんなからですよ」朝視は心が感謝の気持ちに溢れ、手を胸に押し付けているの、カップを受けられない。ジャンナーはカップを机にそっと置く。「ありがとうございます。意外で本当にうれしいです」朝視はいよいよ言い出す。「私たちみんなからね」と言い残して、失礼する。
「それは何?」座っている学生が尋ねる。「さっきの授業がよかったのようなので」と、朝視はうれしさで手で顔を覆う。

金曜日、日本人のボランティア団体が事務所に来ていた。朝視は不意に会議に参加するよう校長から招待をもらった。二人の男性と一人の女性、24歳と23歳。積極的に日本語の授業に参加したがるらしい。来週の水曜は一緒に授業の準備をする予定を立てた。会議ではかなり不器用に感じていたけど、相手は学生で同い年の人だったってことはよかった。一緒にの授業を楽しみにしている。

この週末は今週誕生日があったヴァルヴァーラさんにプレゼントを作らないと。そして、知らない人にキスされた事件についてちゃんと意見を述べないと。木曜に、やさしいヴァルヴァーラさんに誕生日があったから、チョコレートをもらったのに、まだ何もしてあげていない。ヴァルヴァーラさんのために何かをしてあげたい。でも今日は無理でしょう。頭はぼうっとしてる。異世界に引かれてる。今日はその呼び声に譲ろうかな・・・
ガブリエルが生きていて本当によかった。二人は再会してうれしくてたまらなかった。どんなに辛くても、お互いのそばにいれば、何でも乗り越える。ガブリエルはナータンのことそのまま愛している。賛成できないことにも付き合う。怒っていても、仕方がない。一緒にいてあげる。離れたりはしない。けっして一人で残さない。ナータンがないといられない、と。ガブリエルはそのような人でよかった。彼を見ると、彼の笑顔を眺めると、声を聞くと、ナータンをやさしく大事そうに触れているのを目にすると安心する。とうか、二人に幸せを・・・

朝視は吐息をついて、本に手を伸ばした。旅に出よう。

@темы: дневник, Tomomi's story

11:40 

朝視~2017年12月11日 夜(11時ごろ)

Асако
昨夜12時15分前やっと本を手に取ることができた。行ってすぐ戻ろうと思っていた。
でもそうにはならなかった。今回共に旅をしている魔術師のナータンには新しい知り合いができたのを見守った。やさしさが感じれる人。芯の強いのに、体が能力で魔術師に敵わない状態。
いつもと同じく誰の目にも見えない朝視は壁に背を凭れ、床に座っている。ナータンがガブリエールの家に泊まってから、もう何日か経っている。お互いは相手を信頼してない。家の中にサングラスをつけるやつに人生の物語を述べるもんかって、ナータンの考えはよく理解できる。でもあなたは信頼されなければ、要求するものが手に入れられないだろう。どうすればいい・・・
ナータンの17歳の誕生日までの日が次々と溶けていく。儀式を行ってもらわなければ、死ぬ。ガブリエール以外は求めているものに他の道はない。
ナータンはシャワーを浴びに行った。さっき、気まぐれのせいか、掃除をしていたとき、ガブリエールの隠し物を見つけたらしい。一切読めないけど。ガブリエールは出かけてる。
あ、戻った!机の上にすぐに秘密の缶が目に入る。強張ったような顔をして、とたんに小さい音が聞こえるお風呂に向かう。ナータン。
喧嘩。魔術師じゃなかった。家族の話はウソだった。と思いきや、火をつけた乾いた枝のように怒りで燃え上がる。朝視はお風呂の壁に体を押し付けて、痛々しく二人を見た。ナータンは頭の血で塗れたガブリエールの隣に床に力なく座り込む。
その後、ガブリエールは自らナータンに手を伸ばす。秘密の一部を話す。自分のことを説明する。何より、もうサングラスをしていない。さきに信頼にかける。彼はナータンのことがどうでもいいといったら、当たり前なことだけなのに、どうして自分から・・・助けてあげたいの?
「信頼できるか、できないかわかるのに一番いい方法は信頼することだ」とガブリエールは言った。彼も今ナータンの背や手首のひどい傷跡を見て言っているけど。
ナータンはその信頼に少しだけだけれど、打ち明ける。
朝視は静かに微笑み。戻る時間だ。明日は仕事だよ。
戻ったのは夜1時過ぎだった。明日の仕事に影響が出なければいいけど。
そして明日の夜またナータンの世界に旅する。

@темы: дневник, Tomomi's story

10:40 

朝視~2017年12月10日 夜(11時ごろ)

Асако
朝視は目をさめた。何かがいつもと違っている気がした。頭の中に夢の名残が留まっている。今夜は穏やかな夢で、自分の無意識が生んだもの、旅じゃない。一つ目はルームメイトの飼いネズミについてのあまり心地いい夢とはいえないが、旅と比べて、見ても疲れない。ただ自分が抑えているネズミと汚さへの不愉快な気持ちを表す夢だけ。二つ目の夢はこの間旅した世界に出会った人をめぐった思い。立夏は15歳になってすぐ猫耳を落として、「こんな年でこんなエロいことするとはな」言われるところを映す夢。それに対して立夏は苛立っているけどまだ我慢している。
夢を覚えておいて、またいつもと違う何かに意識を戻す。視線は窓のほうへ移る。
分かった!明るい!朝はいつもと違って明るい!そして白い!
ソファーに瞬間的に座り、窓を通して外を見た。やさしい暖かい色の空。薄い雲を通る日差しを浴びた本格的に積もった雪。やっと冬だ!
腕時計に目をやった。9時45分。よかった!
朝ごはん食べて、溶けないうちに、太陽が消えないうちに出かけよう!思い出作りに!
ね、立夏、写真じゃなくて、思い出作りをするほうがいい。やっているのは同じことに見えるけど、名をつけて、そう呼べば、自分の中に事実が違う形をすることに気がつく。言葉はスペール。立夏と草灯の言葉への慎重さを、身につけよう。簡単なことじゃないけど。
カールユングも言ってた。「言葉が秘めるものが知らないならば、言葉を操るのは無駄に他ならない」
日本の天皇陛下は一年2回しか帰途の前にでない。けれども、その分陛下の短いスピーチは人の心に刻まれる。
意味を込めた言葉。いかに強い・・・
2時間にわたって公園を歩きまわり、異世界の音楽を聴きながら思い出を楽しく作っている。小さい鈴の音色、笛の声、女性の魅了する合唱に歩調を合わせ、周りの散歩に出かけた家族たちや雪の斜面で遊んでいる子供たちと笑い合い、太陽に笑顔を見せ、風が軽く吹いて木の枝から落とす雪の中で、朝視が舞っていた。

@темы: дневник, Tomomi's story

23:31 

lock Доступ к записи ограничен

Диантус
Нет судьбы, есть истинная логика Вселенной
Закрытая запись, не предназначенная для публичного просмотра

21:40 

Фобс
Котаны!
17 декабря (в это воскресенье т.е.) нежно любимые мной Theodor Bastard дают концерт в Zil Arena (Москва),
будут играть свой свежий саундтрек Utopia к Мору и еще обещают новый сингл там же.
Я планировал туда пойти, но не могу, а билет остался.
Билет в vip, электронный (то есть я просто перешлю его вам на мыло), стоит 2600 р -
отдам за ту же сумму любому желающему.


It's just my dreams... And nothing more

главная